<< 元気な現場!main滝翼コンでもMarching J >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

地震の怖さ

JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
地震発生から30時間以上が経ちました。
私は無事です。

昨日は帰宅難民となりました。
首都圏の公共交通機関はすべてがダウン。
川崎駅のカラオケで朝を迎え、電車の運転再開を待ち、今朝やっとホームに入れて
始発電車にのって10時過ぎに帰宅できました。
それでも通常1時間も乗車時間のかからない道のりを3時間かかっての走行。
踏切の機能の低下で、安全確認のために全踏切の前に一時停車しての走行。


地震発生時は、会社の川崎の事業所にいました。
前部署の慣れた建物の中にいましたが、船が波に揺れるような揺れと
ミシミシいう建物の音が恐怖でした。
川崎の事業所は工場地帯にあり、怖い環境です。
周辺には石油精選があったりするところ。実際、黒い煙が出始めたところも。
会社の事業所の広い駐車場に、全従業員が集められて安否確認されました。
本社から用事で来ていた私たちも。
部署の同僚10名と一緒でした。

17時過ぎになんとか、会社のバスで単線の最寄駅まで出てみたものの、
電車は停まっていたため、主要駅の川崎駅まで1時間強を歩きました。
途中途中、停電している地域もあり、真っ暗。
こんなにも電気供給がなくなると私たちの生活は闇に包まれるんだということを
実感しました。

川崎駅に向かう間の幹線道路には品川方面から徒歩で帰宅しようとする
人の波と交差しました。
コンビニのトイレは大行列、コンビニでは食品がまったくなし。

川崎についてからはカラオケの大部屋を居場所として確保できました。
余震も多く、怖いと思いました。
それでも同僚10名と一緒だということは心強かった。

昨日はたまたま午後の時間に用事があり、同僚10名がまとまって集合して
いたけれど、通常だったら10名がバラバラに担当現場に出払っていた。
自分も1人で、建設現場に行っていたはず。
それこそ、昨日も午前11時くらいまではス●イツリーに行っていたし、本来は
午後も行っている予定だったから。
現場に1人のときに地震にあっていたら・・・・と思うと恐ろしいほどの恐怖。
不幸中の幸いでした。

学生の避難訓練以来はじめて、机の下にもぐらなければ!という体験。
首都圏では避難難民になるという想定はあったものの、初めての体験。
生まれて初めて大きな地震を実感しました。

震源の地方はもっともっと恐ろしいことが起こって、心配です。
TVで報道されている被害情報は目を疑うものばかり。怖い。
原発も怖いですし、今後、電気供給量が低下すると。
震源地近くの方も、関東圏もまだまだ、構えていかないと。
嵐友達ちゃんが仙台にいるけれど、連絡が取れないので心配です。




当然の状況ですが、ジャニーズの各イベントも中止や延期が決定していると。
ワタシゴトでは、明日のSHOCKを観劇予定でした。
明日の昼公演のチケットを持っています。
明日の公演についてはまだ上演が明確に決定されてません。
不安な状況の中、上演されることが良いのか良くないのかわからないけど
最善の策がとられることを願います。


昨日から今日にかけて、メールなどで心配してくれたお友達に感謝します。
不安な中、嬉しかったです。
そうやって、何人かのお友達同士でお互いの無事を確認できて安心しました。

皆様の無事をお祈りします。

▲topcomments(0)|-

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

この記事へコメントする

      
<< | October 2018 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Profile


 


New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Links

DRECOM RSS

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  ぷあぷあ-banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored